海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【ビザ申請】まずはここから?入国回数と目的

スポンサーリンク

ど~も~!

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回もビザについてです。

海外に行く時、

・初めてVISAを取得する方、

・ビザ取得に慣れていない方

向けに情報をお伝え致します。

 

前回、

お伝えしきれなかった部分の、

第二弾となります。

 

こちらで

「VISAってこんな感じなんだ」

と全体像を掴んで頂けたら

幸いです。

 

 

①  シングルとマルチ

ビザは大きく分けて2種類あります。

シングルかマルチか です。

わかりやす言うと、、、

 

・シングル:1回の渡航・入国のみ可

・マルチ :複数回の渡航が可能。

      ただし、有効期限あり。

 

ほとんどの場合、

シングルよりもマルチの方が

申請料が高額であったり、

申請書類が多く、

審査が厳しいです。

 

今後の渡航回数を考慮し、

申請してください。

 

 

②観光・商用・就労の3種類

渡す, パスポート, Id, エントリー, 口, Id カード, ドキュメント

渡航目的によって種類が異なり、

目的あったタイプでないと、

入国が認められないケースも

珍しくありません。

 

自分の出張がどのビザタイプになるのか

申請前に必ず確認してください。

 

ビザの種類は大きく、

3種類です。

 

・観光ビザ:観光目的者用。

           観光目的であれば、

        パスポートのみで

                     渡航できる国が多い

 

・商用ビザ:商談や打ち合わせ、

                     会議目的のビザ。

      工場内での作業は、

      このビザではNG。

  

・就労ビザ:現地で働くことを目的。

      日本からの赴任者や

      工場内での作業を伴う時、

      このタイプを取得します。

 

これも国によって、

細かな規定が異なります。

 

申請前に予め、

大使館や領事館、現地の会社に

確認をおねがいします。

 

 

③代理申請が可能

カリグラフィー

ビザは自己申請し、

面接を受けて初めて

発給される場合もあります。

 

しかし、基本的には

旅行会社や引越し業者、

法律事務所等が代理で

申請することができます。

 

※国や申請地によって、

 代理申請の可否が異なります。

 ご注意ください。

www.trips-businessblog.com

  

では、また~!!