海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

体力のない私でも、海外旅行を楽しむ方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は

・体力に自信がない自分が

 実践する海外旅行術

・体力がなくても、

 海外旅行に行ける?

・マイペースな海外旅行

 女性, 残り, 休憩, リラックス, 人, 睡眠, 懸念, 銀行, ベンチ

こんな情報をお届けしていきます。

<海外旅行は体力勝負!?>

昔の海外旅行といえば、

観光名所を短時間で

多く訪れるツアーが多くありました。

 

しかし、今は

目的に応じた海外旅行を

自身に合わせた日程で

カスタマイズできます。

 

そのため、体力がない私でも

ちょっとした工夫で

海外旅行をより

楽しめています。

 

今回はそんなちょっとした工夫について

お伝えしていきます!

 

 

<ツアーにしない>

ここで皆さん気が付かない

意外なポイントです。

 

海外旅行に行く際、

敢えてツアーにはせず、

航空券とホテルだけを

確保する方法です。

 

ツアーは自身で交通機関を

考えなくてよい

というメリットもありますが、

中には自身が興味ない場所にも

訪れなくてはなりません。

 

起床時間、食事、移動手段等

自身で自由に選べないことからも

ツアーは避けたほうが良いでしょう。

 

 

<一人旅>

さらに、敢えてです。(笑)

団体や友人との旅行ではなく、

一人で海外旅行へ行くと、

マイペースな旅行が

さらにしやすくなります。

 

自分の興味ある場所へのみ

観光すれば良いため、

体力も温存可能ですし、

何より自分のペースで

休憩も可能です。

 

 

<ホテルは一箇所>

宿泊するホテルは

一箇所にすると、

体力の温存が可能です。

 

まず、大きな荷物を持った

移動がなくなります。

1度ホテルの部屋に入れば

チェックアウトまで

ずっと部屋に置いておけます。

 

また、観光途中であっても、

休憩するために

一旦ホテルの部屋で

休憩も可能です。

 

私自身、時差ボケで昼間眠くなったら

一旦ホテルに戻り

仮眠をしてまた出かける

なんてこともよくしています。

 

複数のホテルに宿泊する場合は

昼間ホテルに入ることができないため、

その点でもホテルを1箇所にすることは

優れています。

 

 

<外観や景色を堪能>

体力に自身がない私自身は

観光地の外観や景色を堪能し、

建物内には入らない

という場合もあります。

 

欲張りすぎるのではなく、

マイペースに観光することで

疲れ知らずで

海外旅行を楽しめます。

 

 

<お土産は最小限>

お土産は最小限にし、

荷物を減らすと

疲れにくくなります。

 

買い物は最小限にし、

荷物も軽くしましょう。

 

 

<疲れる海外旅行とは>

・弾丸ツアー

・宿泊施設を渡り歩く

・複数の都市を移動する

・団体旅行

スポンサーリンク