みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【ニュージーランド電子認証】2019年10月スタート!?

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回はニュージーランドで新しく始まる

電子認証についてです。

 ニュージーランド, 風景, イーグル, 鳥, 自然, 山, 自然の壁紙

こんな方に読んでほしい

こんな疑問にお答えします!

・ニュージーランドに観光しに行く

・ニュージーランドへ出張がある。

・電子認証ってなに?

 

  

<これまでは…>

これまで、日本人が

ニュージーランドに行く際は

短期間であればパスポートのみで

入国が可能でした。

 

しかし、2019年10月より

日本人がニュージーランドへ行く際は

事前の電子認証が必要になります。

 

 

<新 電子認証>

この電子認証が必要な方は

以下の通りです。

 

2019年10月1日入国者より、

ニュージーランドに無査証で

渡航する場合、

ETA(Electronic Travel Authority)

取得義務が予定されています。

(日本国籍も対象)。

 

3ヵ月以内の滞在目的で

観光、業務、就学、公用または通過目的

 

ニュージーランド以外の国へ

乗継ぎのために入国する場合も

対象となります。

 

 

<申請方法>

この電子認証はWEBから

申請を行います。

 

・NZeTA申請サイト

https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/nzeta

 

 

<必要書類>

ドリンク, コーヒー, 仕事, 作成します, ビルド, オフィス

この電子認証には

下記、書類を準備してください。

 

・パスポート

・メールアドレス

・クレジットカード

 

 

<料金>

料金はこちらです。

 

NZ$47

(NZeTA:NZ$12+環境保護・観光税:NZ$35)

※通過目的の場合、NZeTA:NZ$12のみ。

 

残念なことに

電子認証代意外に

観光税も徴収されますが、

仕方ありません。

 

 

<有効期限>

学ぶ, クロック, クロックの顔, 時間, 方向, 矢印, 結論, トレーニング

有効期限は取得より2年間有効。

NZeTA、環境保護・観光税も同様です。

 

 

<注意点>

・電子認証は申請してから承認されるまで

 時間がかかります。

 早めの申請をしましょう。

 

・承認されるとメールで通知が届くので、

 渡航時に印刷して

 持参することをおすすめ。