海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

みんなが使ってる?JAL優先搭乗と最新情報

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は飛行機の優先搭乗についてです。

 日本, 日本航空, 模型飛行機, ボーイングの強みを生かした, ボーイング787

・飛行機に早く搭乗したい

・優先搭乗を利用するには?

・マイレージは関係あるの?

 

こんな疑問にお答えしていきます!!

 

<飛行機に搭乗する>

皆さんが飛行機に乗る時、

空港でチェックインをすませ、

搭乗ゲートで搭乗案内が開始されるまで、

少し待つと思います。

 

しかし、搭乗案内が開始されても、

飛行機内の通路は狭いため、

全員が一気に乗ることはできません。

 

従って、飛行機には

搭乗できる順番が決められています。

 

 

<搭乗する順番>

旅客機, ジャパン トランス オーシャン エアー, 日本トランスオーシャン航空

飛行機に搭乗する際、以下の順番で

機内に案内されます。

 

  1. ファーストクラス/ビジネスクラス
  2. お手伝いが必要なお客様
  3. 子供連れ
  4. マイレージのステータスが高い人
  5. エコノミークラス

 

エコノミークラは人数が多く、

搭乗開始になってもなかなか

機内に入ることができない場合が

あります。

 

 

<早く搭乗するメリット>

飛行機に早く搭乗すると

いくつかのメリットがあります。

 

・早めに座席に座ることができる

・機内の荷物スペースを先に

 確保できる

・ファーストやビジネスクラスは

 ウェルカムドリンク等のサービスを

 受けることができる

・ブランケット等を

    CAさんに早く依頼できる

・食事のメニューを早く見られる

 

  

<敢えて最後に搭乗するポイント>

飛行機, 機内, 中, 座席

私自身はビジネスクラスに搭乗する機会が

ほとんどありません。

従って、機内に搭乗できるのは

一番最後になります。

 

しかし、敢えて1番最後でもいいと

思っています。

長距離路線だと、狭い座席に

長時間座ることになり、

エコノミー症候群を引き起こします。

 

私は敢えて最後に機内に入り、

乗るギリギリまではストレッチをして

過ごしています。

 

 

<JAL 優先搭乗の見直し>

先日、JALより

優先搭乗を2段階から3段階に増やし、

プレミアムエコノミーを

エコノミーより先に機内へ搭乗できるようにする

と、発表がありました。

 

JAL、国際線の優先搭乗見直し 9月から3段階、プレエコも

 

3段階に変更する9月2日からは、

現在2番目の優先搭乗となっているJMBクリスタル会員と

ワンワールドのルビー会員を3番目に順位を下げるとともに、

新たにプレミアムエコノミーの乗客も

優先搭乗サービスを利用できるようにする。

 

プレエコを独立したクラスとして扱うJALに対し、

全日本空輸(ANA/NH)はエコノミーの一部として扱っている。

このため、プレエコの優先搭乗は現時点では実施していない。