みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【イタリア鉄道】実際に乗ってみた2019年8月

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回はイタリアの鉄道についてです。

 ・今度、イタリアへ行く

・イタリアの主要都市間を

 鉄道で移動する。

・利用する上での注意点は?

 

こんな疑問にお答えしていきます!!

<イタリア鉄道>

イタリアには、日本の特急列車のような

主要都市間を結ぶ、鉄道があります。

例:ローマ⇔フィレンツェ

  ナポリ⇔ローマ⇔ミラノ

 

新幹線ではありませんが、

各都市を1~3時間程度で

移動が可能です。

 

イタリア鉄道には大きく2種類あります。

・TRENITALIA

IT - Trenitalia

 

 ・ITALO

Italy train tickets, high speed train italy | Italotreno.it

 

 

<パスポート携帯 要否>

イタリア鉄道を利用する上で

よくある質問に

「乗車時にパスポートを

 見せる必要があるのか?」

があります。

 

実際はパスポートを見せたことは

一度もありませんでした。

よってパスポートは不要です。

 

どうしても不安な方は、

パスポートのコピーを

携帯すると良いでしょう。

 

 

<乗る人の名前>

インターネットで切符を購入すると、

その切符に搭乗者の名前が表示されます。

 

そのため、

「別の人に切符を渡せないのか?」と

思われますが、

実際はパスポートコピーや

身分証明書のチェックはありません。

 

従って、名前が違っていても、

切符の利用が可能です。

 

 

<駅には何分前につく?>

出発する駅には

15分前に到着するように

オススメします。

 

基本的に、どのホームから

列車が発車するのかは

駅の電光掲示板を見て確認します。

 

そのため、あまり出発のギリギリに

到着すると、発車するホームを

確認する時間がありません。

 

 

<列車内トイレ>

列車内にはトイレがあります。

 

各車両ではないかもしれませんが、

長距離でも安心です。

 

 

<Wi-Fi>

列車内には無料のWi-Fiがあります。

 

ただし、インターネットを利用するには

アカウントの登録とクレジットカードの

登録が必要です。

 

インターネットは使用せず、

ニュースや無料ドラマ等を

視聴する場合は登録の必要はありません。

 

 

<列車内の飲食は?>

 

列車内での飲食は可能です。

 

座席の前にテーブルもあり、

パソコンの利用も可能です。

 

 

<社内販売>

列車内販売はほとんどありませんが、

まれに日本の新幹線のように

コーヒー等飲み物や

軽食を販売するカートが

やってきます。

 

 

<混雑具合>

イタリア鉄道は全席指定のため、

混んでいても、座れないことは

ありません。

 

また、主要都市を結ぶ区間であれば

30分に1本 列車の運行があります。

 

インターネットで切符を購入すれば

好きな席を選べますし、

座席を指定しなければ、

空いている場所に自動的に

アサインされます。

 

 

<治安>

列車内の治安についてです。

列車内の治安はとてもよく、

静かで落ち着いています。

 

イタリア都市部の地下鉄と異なり

物乞いやガラの悪そうな人もいませんでした。

 

列車内も明るく、

安心して利用可能です。