海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログです。

アメリカ ビザなしで行く方法2019

スポンサーリンク

こんばんは~

トラベルコンサルタントです~

 

今回はアメリカの入国に関する

裏技をお伝えしていきます。

 自由の女神像, ニューヨーク, Ny, ニューヨーク市, 市, 自由の女神

・来週から急にアメリカに行くことになった。

・visaをとる時間がない。

・今回だけ、visaなしでアメリカに行きたい

こんな感じで困っている人は必見です。

 

 

<アメリカ入国> 

ビザ, 承認, 旅, テンプレート, サービス, ツアー, 書類

まず、アメリカはよく、

「自由の国」と言われますが、

入国やvisa取得の観点から言えば、

むしろ鎖国状態です。(笑)

 

Visaを取得するには

とても時間が掛かりますし、

面接等も必要です。

 

また、膨大な書類を用意したり、

現地の会社で書類を作成したりと

骨が折れます。

また、実際の入国管理官も渡航理由を

しっかりと確認してきます。

 

しかし、日本人が短期の商談や観光で

アメリカに行く場合、

Visaは必要ありません。

代わりに 「ESTA」と呼ばれる

インターネット上のページに

事前登録が必要です。

 

<ESTA>

ESTA詳細はこちら↓

Home | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

 

・渡航期間が90日以下であれば、

 esta登録で渡航可能。

・米国への渡航目的が商用または観光

 であれば、esta登録で渡航可能。

  

 

<研修の場合>

パスポート, ドキュメント, 旅行, 出入国管理, 国際, 観光, ビザ, Id

答えはYESです。

アメリカの現地サイドが不要と

言わない限り、

visaが必要です。

 

 

<1ヶ月以上滞在>

ビザの取得をオススメします。

 

VISAを取得せずに、

1ヶ月以上アメリカに滞在しようとすると、

アメリカの入国管理官に怪しまれます。

 

たしかに、estaは90日以内の滞在であればOKと

の記載がありますが、

普通に考えて、

1ヶ月以上の時間を要する商談って、

なかなかありませんよね?

 

ですから、

「estaの規定以内の日数だからOK」と

安易に考えるのはやめましょう。

 

 

<裏技>

例えば、来週から仕事で急に

アメリカに行くことになったとします。

 

期間は来週から40日間の長期滞在です。

 

しかし、1週間ではアメリカのvisaは

基本的に取得できません。

そこで、裏技として使えるのが、

飛行機の予約を短めに予約することです。

 

手順は

  1. 1週間で往復の飛行機を予約する。
  2. ESTAを登録する。
  3. 入国が完了したら、

   帰路の飛行機の日程を変更する。

 

これで、行きの入国管理官から、

入国を断られたりすることもありません。

 

これは1回のみ使える裏技です。

何度も、帰路の飛行機を変更して、

esta入国し、長期滞在をすると、

バレてしまいます。