みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

エア・カナダ 評判と上手な使い方2019

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回も航空会社別、

航空券の特徴・注意点を

初心者でも分かりやすいよう

解説していきます!

 

今回はエア・カナダについてです。

 

・カナダに行くが、

   どの航空会社がよいかわからない

・航空会社ごとに特徴ってあるの?

・航空券を購入する際の

 お得な情報が知りたい!

 

こんな疑問にお答えしていきます!!

 

 

 <エア・カナダ AC>

エア・カナダはその名の通り

カナダの航空会社です、

 

日本とバンクーバー、

トロントへの運行があります。 

 

 

<料金>

航空券の料金は予約時の

空席状況が大きく影響します。

 

ただ、エア・カナダは

LCCほど安くはありませんが

JALやANA等日系の航空会社に比べると

お値打ちです。

 

 

<アライアンス>

エア ・ カナダ, ボーイング, ボーイング 747 400, 747, 航空機

スターアライアンスという

航空会社グループに

属しています。

 

そのため、同じアライアンスである

以下の航空会社と

組み合わせて、航空券を予約することが

可能です。

 

・ANA 全日本空輸

・タイ国際航空

・ルフトハンザドイツ航空

・中国国際航空

 

  

<マイレージ>

マイレージは

エア・カナダの航空券を利用した時に加え、

スターアライアンスの航空会社を

利用した時もたまります。

 

 

<購入期限>

インターネットで予約する場合は

関係ありません。

 

ただ、旅行会社等で航空券を

予約する場合は予約してから

72時間以内に料金を支払う場合が

ほとんどです。

 

 

<運賃ルール>

・キャンセル料

 約¥20,000~50,000になることが多い

 

・変更料

 お値打ちな航空券は変更不可。

 20万前後の運賃であれば、

 日付の変更が可能です。(有料)

 

 

<無料預け荷物規定>

マイレージのステータスによって、

異なる部分もありますが、

基本的には下記の通りです。

 

荷物の大きさ

3辺(縦・横・高さ)の合計が158cm以内

 

ビジネス:32kg

エコノミー/プレミアムエコノミー

23kg/1個 2個まで

 

自分が乗る便の規定を確認できます↓

エア・カナダ – 受託手荷物

 

  

<良い点・悪い点>

良い点

・東京からバンクーバーとトロントへ直行便があり、

 カナダの各都市とアメリカへの乗り継ぎが可能。

・アメリカ大陸の西側・東側の両方に

 運行がある。

 ・夜食にカップラーメンが出た(笑)

 羽田→トロント線

 

悪い点

・エア・カナダに搭乗するためには

 カナダに入国しなくてもETAが必要。

・ヨーロッパへの乗り継ぎがほぼない。