みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【消費増税】国際航空券の内訳は大丈夫?

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

2019年10月より、

消費税が増税されます。

 

そこで今回、国際航空券の

消費税についてお伝えしていきます。

 

こんな方に読んでほしい

こんな疑問にお答えします!

・国際航空券の内訳について知りたい

・消費税って関係あるの?

・増税になるタイミングは?

<航空券の内訳>

国際航空券の料金は

大きく以下の項目から構成されます。

 

・運賃

・燃油サーチャージ

・空港使用料(国内・海外)

 

これらは利用する航空会社、

空港、運賃タイプによって様々です。

 

 

<運賃>

入場料, クーポン, 認める, カーニバル, サーカス, コンサート, 曲線

]国際航空券の運賃は

不課税です。

 

従って、消費税は

そもそもかかっておらず、

今回の増税も関係がありません。

 

 

<燃油サーチャージ>

燃油サーチャージとは

飛行機の燃料費みたいなものです。

 

こちらも不課税のため、

今回の消費税増税も関係ありません。

 

ちなみに、この燃油サーチャージは

同じ航空会社、同じ経路であっても

時期によって料金が

変動します。

 

 

<空港使用料>

空港, 旅をする人, 人, ビジネス, フライト, トランスポート, 出発

国際航空券を購入する時、

空港使用料が徴収されます。

 

消費税増税で気をつけたいのが、

国内空港使用料です。

この国内空港使用料は課税対象です。

 

従って、消費税増税の対象でもあります。

増税になるタイミングは

 

・2019年9月までに購入した場合

 →消費税 8%

・2019年10月以降に購入した場合

 →消費税 10%

 

となります。

早めの購入がお値打ちということですね。

 

 

<手数料>

インターネットの

航空会社HP等で

航空券を購入する場合は

無視してください。

 

旅行会社等、航空券を購入する際に

手数料を支払う場合、

この手数料は課税対象です。

 

ただし、この手数料が

増税になるタイミングは

各、旅行会社などで異なる場合が

あるため、確認が必要です。

 

ご注意ください。

 

 

<参考>

関連記事

<どうなる?消費増税> 月をまたいでしまったら?:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)

 

国税庁

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shohi/kaisei/pdf/03.pdf#search=%27%E6%B6%88%E8%B2%BB%E5%A2%97%E7%A8%8E+%E8%B3%87%E7%94%A3%E8%AD%B2%E6%B8%A1%27