海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【航空券】足元の広い席を確保する方法

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は飛行機の

座席についてです。

 

・飛行機の座席が狭くて困る

・足元が広い席に座りたい

・足元が広い席に座る方法は?

 

こんな疑問にお答えしていきます!!

 <事前座席指定>

航空券を購入する際、

飛行機に乗る前に、

予め座る座席の場所を決めることが

できます。

 

・通路側に座りたい人

・窓側で寝たい人

 

好みはそれぞれだと思います。

 

 

<足元が広い席とは>

飛行機の機内には、

エコノミーであっても、

足元が広い席があります。

 

ほとんどが非常口やCAさんの

作業場近くが該当しますが、

数が少なく人気なため、

なかなか確保することが

できません。

 

そこで今回は、

そんな貴重な席に座ることができる

あらゆる方法をご紹介します。

 

どれか一つでもできれば、

足元の広い席を確保でき、

快適な空の旅になります。

 

 

<足元が広い席を確保する方法>

・早めに航空券を予約する。

 これは1番大事なポイントです。

 座席指定はとにかく早いもの勝ちなため、

 他の人に取られれば、もうできることは

 ありません。

 

・マイレージのステータスを上げる

 事前座席指定はマイレージのステータスが

 影響します。

 上級会員は一般の方と比べて、

 座席指定できる範囲が広くなります。

 マイレージを貯めて、会員ステータスを

 上げましょう。

 

・WEBチェックインをする

 現在、ほとんどの航空会社が

 インターネットでのチェックインが

 可能です。

 そのWEBチェックインで、

 事前座席指定が可能な場合も多いため、

 このタイミングで

 座席指定をすることもできます。

 

・座席指定料を払う

 事前座席指定をする際、

 追加料金を支払えば、好きな席を

 確保できる場合があります。

 特に、ヨーロッパ系の航空会社は

 ほとんどの事前座席指定が有料です。

 席の場所によっても料金が異なります。

 

 

<注意事項>

足元の広い席は

機内の非常口近くに

なる場合が多いです。

 

従って緊急時、

CAさんの手伝いをしなければ

なりません。

 

そのため、外資系航空会社の場合は

英語がある程度わかる人でないと、

非常口付近の席は

座ることができません。

 

ご注意ください。