海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログです。

【続・初めてでもわかる】出入国カードの書き方2019

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は前回に続き、

「出入国カード」についてです。 

www.trips-businessblog.com

 ・出入国カードを書き損じた

・乗り継ぎはどうすれば?

・不要な国もあるの?

こんな疑問にお答えしていきます!!

 

 

 

 

<出入国カードが不要な国>

前回、海外旅行をする際は

「出入国カードの記入が必要です」

とお伝えしました。

 

しかし、不要な国もあります。

例えばヨーロッパです。

 

ドイツやフランス等、

シェンゲン協定の国は

日本人が渡航する際、出入国カードが不要です。

※ただし、イギリスは必要です。

 

また、アジアの中でも

ベトナムやマレーシアも

不要です。

 

 

<乗り継ぎ時の出入国カード>

では、日本からの直行便ではなく、

他の国で飛行機を乗り継ぐ場合は

どうなるでしょうか?

 

結論から申し上げると、

「乗り継ぎ地で入国するかどうか」

によって出入国カードが

必要/不要が決まります。

 

①乗り継ぎ地の出入国カードが

 不要な場合

・成田→香港→ジャカルタ

 全区間キャセイ航空

・成田→ソウル→デリー

 全区間大韓航空

 

上記では乗り継ぎ地で入国をしないため、

香港やソウルで

出入国カードの提出は不要です。

 

 

②乗り継ぎ地の出入国カードが

 必要な場合

・成田→上海/上海→台北

 JAL    チャイナエアライン

 

このような、乗り継ぎ地で

航空会社を変える場合は

基本的に入国が必要になる場合が

ほとんどです。

そのため、上海にて

中国の出入国カードの提出も

必要です。

 

 

<税関申告書は別!?>

出入国カードが不要な場合でも、

税関申告書が必要になる場合があります。

(両方必要なケースもあり)

 

出入国カードが不要であっても、

税関申告書の確認も必要です。

 

また、アメリカの乗り継ぎは

税関申告書で注意が必要です。

 

例えば、アメリカ乗り継ぎで

・成田→ロサンゼルス→メキシコシティ

の航空券を購入します。

 

上記のようなアメリカで乗り継ぐ場合、

出入国カードは不要ですが、

アメリカの税関申告書が必要です。

これはどの航空会社を利用しても

変わりません。

 

 

<関連記事>

www.trips-businessblog.com

 

www.trips-businessblog.com