みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【初めてでもわかる】出入国カード 書き方

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は外国に入国する時提出する

「出入国カード」

ついてです。

 ビザ, 承認, 旅, テンプレート, サービス, ツアー, 書類

・海外旅行に初めて行く

・出入国カードってなに?

・出入国カードのポイントは?

 

こんな疑問にお答えしていきます!!

出入国カードとは

パスポート, 米国, ドキュメント, 旅行, 識別, 出入国管理, Id

出入国カードとは、

海外旅行に行く際に必要な紙です。

 

他の国に入国/出国する際、

入国管理官にパスポートと一緒に

提出する必要があります。

 

出入国カードは「EDカード」とも

呼ばれています。

 

この出入国カードは一般的に

飛行機の機内で

客室乗務員(CA)さんが配布したり、

空港に置いてあることが多いです。

 

 

出入国カード記入要項

出入国カードは旅行する

国によって形式や記入事項が異なります。

 

ただ、多くの場合、

下記の項目をよく記入します。

 

・名前

・パスポート番号

・住所

・入国日

・出国日

・フライト便名

・渡航目的

・誕生日

・滞在先住所

・本人のサイン

 

 

記入は英語が基本

出入国カードはその国の言語、

もしくは英語での記載が必要です。

 

自分の自宅の住所等、

英語での記載に慣れていない場合は

予め調べて置くと、当日楽です。

 

また、出入国カードは飛行機の機内で

渡されることが多いです。

ボールペン等を機内に持ち込むと

飛行機内で書くことができます。

 

 

出国カードを保管する

書き込み, ペン, 男, インク, 紙, 鉛筆, 手, 指, 青いシャツ

多くの場合、入国カードを提出すれば、

そこで終わるのが一般的です。

 

しかし、中には

その国を出国する際も

提出する必要がある国があります。

 

入国と出国の両方提出が必要な国

例:中国、香港、メキシコ

 

そのため、旅行中に

出国カードを紛失しないよう、

保管する必要があります。

パスポートと一緒に無くさないよう

注意してください。

 

万が一失くした場合は罰金や

簡単に出国ができなくなるケースも

過去にありました。

 

 

出入国カードが不要な国

前回、海外旅行をする際は

「出入国カードの記入が必要です」

とお伝えしました。

 

しかし、不要な国もあります。

例えばヨーロッパです。

 

ドイツやフランス等、

シェンゲン協定の国は

日本人が渡航する際、出入国カードが不要です。

※ただし、イギリスは必要です。

 

また、アジアの中でも

ベトナムやマレーシアも

不要です。

 

 

乗り継ぎ時の出入国カード

では、日本からの直行便ではなく、

他の国で飛行機を乗り継ぐ場合は

どうなるでしょうか?

 

結論から申し上げると、

「乗り継ぎ地で入国するかどうか」

によって出入国カードが

必要/不要が決まります。

 

①乗り継ぎ 不要な場合

・成田→香港→ジャカルタ

 全区間キャセイ航空

・成田→ソウル→デリー

 全区間大韓航空

 

上記では乗り継ぎ地で入国をしないため、

香港やソウルで

出入国カードの提出は不要です。

 

 

②乗り継ぎ地 必要な場合

・成田→上海/上海→台北

 JAL       チャイナエアライン

 

このような、乗り継ぎ地で

航空会社を変える場合は

基本的に入国が必要になる場合が

ほとんどです。

 

そのため、上海にて

中国の出入国カードの提出も必要です。

 

 

税関申告書は別!?

出入国カードが不要な場合でも、

税関申告書が必要になる場合があります。

(両方必要なケースもあり)

 

出入国カードが不要であっても、

税関申告書の確認も必要です。

 

また、アメリカの乗り継ぎは

税関申告書で注意が必要です。

 

例えば、アメリカ乗り継ぎで

・成田→ロサンゼルス→メキシコシティ

の航空券を購入します。

 

上記のようなアメリカで乗り継ぐ場合、

出入国カードは不要ですが、

アメリカの税関申告書が必要です。

これはどの航空会社を利用しても

変わりません。

 

 

関連記事

www.trips-businessblog.com

 

www.trips-businessblog.com