みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【片道海外航空券】割安な3つの方法!

スポンサーリンク

ど~も~

 

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は航空券の運賃についてです。

 

・今度、海外に赴任する

・片道の海外航空券が高くて困っている

・帰国の日付が決まっていない、、、

こんな疑問にお答えしていきます!!

f:id:ikamamo:20190304213604j:image

  

 

<片道航空券とは?>

片道の海外航空券とは

・成田空港→バンコク

・広島→上海

など、

帰りの航空券がないものを指します。

 

海外に赴任する場合、

数ヶ月~数年単位の滞在期間となるため、

日本帰国日がわからない場合があります。

 

そこで、帰りは買わずに、

一旦行きだけ購入しておくのです。

 

 

<片道航空券は割高?>

結論から申し上げると、

片道航空券は往復航空券に比べて

割高です。

 

LCCは片道の航空券でも

お安くなりますが、

特に日系の航空会社

JALやANAは割高です。

 

往復の航空券よりも、

片道の航空券の方が

高いことはどの航空会社にも

当てはまります。

 

 

<片道航空券を安くする方法>

割高である、片道の航空券を

それでも安めにする方法が3つあります。

 

 

①1年有効の航空券

この「1年有効の航空券」は

海外に赴任するが、

一年以内に1回は帰国する予定

の方におすすめです。

 

航空券には有効期間があります。

この有効期間を1年のものを

購入することで、

仮の帰国日で購入し、

後ほど帰りの日付を変更する方法です。

 

ただし、2点

・変更可能な航空券を購入

・エクスペディアや航空会社のHPでは

 そこまで調べられないことが多い

懸念されます。

 

こちらは、航空会社に問い合わせるか、

旅行会社で購入をおすすめします。

 

 

②外資系航空会社の利用

先程JALやANAの片道航空券は

割高とお伝えしましたが、

外資系の航空会社は

片道航空券でも

割安なものがあります。

 

例えば、

・タイ国際航空(TG)

・中国系航空会社(CA,MU,CZ)

・ガルーダインドネシア航空(GA)etc…

 

 

③帰りの航空券を捨てる

これは裏ワザです。

リスクもあります。

 

航空券を往復で購入し、

帰りの片道分を捨てる方法です。

 

こちらは往復で航空券を購入するため、

割安な航空券もあります。

 

 

ただし、帰りを捨てる場合は

後日、罰金の催促が来ることが

あります。

 

ご注意ください。

 

 

<関連記事>

www.trips-businessblog.com

 

www.trips-businessblog.com

 

www.trips-businessblog.com