みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【旅行会社】どうやって利益を得ているの?

スポンサーリンク

こんばんは~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

最近、就職活動のルールが

撤廃されるとのニュースが

発表されました。

 

学生の皆さんは、

戸惑っているのでは

ないでしょうか。

  

今回は,、旅行会社が

どうやって利益をあげているのか

特別に大公開します。

 

特に

・旅行会社に就職したい

・旅行業界に興味ある

 

こんな方々はぜひ、

チェックしてください!!

※主に海外旅行を取扱う

 企業としてご覧下さい。

おもな利益源

旅行会社によって様々な

利益がありますが、

多くが以下の項目になります。

 

・手数料

・添乗員費用

・ビザ手配料

・返礼金

・特別料金の利用

 

 

手数料

500万円の偽札をひけらかす

やはり手数料が利益の中の

大部分を占めます。

 

しかし、手数料は

様々な種類があります。

 

例えば

・航空券予約手数料

・ホテル予約手数料

・レンタカー手配料

・Wi-Fi手配料

・送迎手配料 、、、

 

旅行会社は飛行機やレンタカーを

持っているわけではありません。

資本を持たない旅行会社は

手数料ビジネスと言われています。

 

 

添乗員

添乗員をつけた旅行の場合は

+αの料金が発生します。

 

添乗員をつけると、

添乗員の旅行費用も加算されるため、

料金が高くなります。

 

また、インターネットの普及もあり、

添乗員しか知らない情報も少なく、

減少傾向が続いています。

 

 

ビザ

海外の赴任や出張には

ビザが必要な場合もあります。

 

そのビザの代理申請料や

書類の作成料も大きな収入源です。

 

航空券やホテルは

インターネットで手配可能ですが、

ビザは書類を作成する必要があるため、

旅行会社の強みでもあります。 

返礼金

旅行会社が自社以外の

パッケージツアーを販売すると

そのうちの数%が

収益になることがあります。

 

また、一定の基準以上の

航空券を販売すると

航空会社から返礼金が

もらえることもあります。

 

そのため、一般のお客さんから

お金を貰うだけでなく、

他の旅行会社や航空会社からも

利益を得ています。 

www.trips-businessblog.com

 

 

特別料金の利用

女性, 女の子, パーセント, 物価, ショッピング, 最終的な販売, 利点

航空券やホテル、レンタカー等

旅行会社と各手配会社が

特別な契約をし、

安く仕入れることがあります。

 

そして、一般販売よりも安く

仕入れたものを消費者に

販売することで

利益をあげています。