みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【海外出張】経費精算と仕訳

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は海外出張の

費用についてです。

 

・今度、海外出張に行くが、

 これは会社経費?

・他の会社はどうなの?

・総務・経理としてどうすれば?

 

こんな疑問に

お答えしていきます。

海外出張費用

海外出張には、細かく分けると

様々な費用があります。

 

例えば、、、

・航空券

・ホテル

・パスポート申請

・ビザ申請

・空港までの移動費

・現地交通費

・現地通貨

・食事代

・日当

Wi-Fi

・旅行保険

・アップグレード

 

このように、

様々な費用がありますが、

果たして、会社ですべてを

負担してくれるのでしょうか?

 

特に、ビジネスクラスの飛行機を

利用した場合は

100万円以上の旅費になることも

珍しくありません。

 

 

ほぼ100%会社経費

海外出張には、

様々な費用が発生します。

 

その中で、ほぼ100%、

どの会社も会社経費として

負担するのものを

記載します。

 

・航空券

・ホテル

・ビザ申請

・現地交通費

・現地通貨

・日当

・旅行保険

 

このぐらいでしょうか。

どの企業にも共通しているのは

上記の項目です。

 

 

 

70%の会社が費用負担

上記にもれた項目は

会社によって負担して

もらえない場合があります。

 

例えば

・パスポート申請

・空港までの移動費

Wi-Fi

・アップグレード

 

特にパスポートの申請料や

飛行機の座席のアップグレードは

会社負担の対象外に

している企業があります。

ご注意ください。

 

 

出張はエコノミー?ビジネス?

海外出張の際、

飛行機の搭乗クラスは

エコノミーでしょうか?

それともビジネスでしょうか?

 

企業によって社内規定があり、

以下の基準で搭乗クラスが

決められていることが

多いです。

・フライト時間

・方面

・役職

・渡航期間

 

 

 

補足

個人との取引では、 『税抜き』と『税込み』どちらで請求書を作った方がいいですか?

そもそも、海外・国内に限らず、

出張は会社の命令で行います。

そのため、会社に全費用の

負担が大前提です。

 

しかし、所属企業の規則や

企業規模によって負担の金額や

種類が異なるようです。