みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【航空券】共同運行便(コードシェア)のメリット

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は国際航空券の

共同運航便(コードシェア)

についてです。

 f:id:ikamamo:20190926182444j:image

・共同運航便って何?

・コードシェア便って?

こんな疑問は前回の記事を

参考にしてください!!

↓↓↓

www.trips-businessblog.com

共同運航のある航空会社

フライト, エアバス, 飛行, 空港, 航空会社, トランスポート, ジェット

共同運行している航空会社の

組み合わせはものすごく

沢山あります。

 

その中でも特に多いのが、

JALとキャセイ航空

JALと中国東方航空

ANAとルフトハンザ航空

 

上記以外にも、各航空会社で

様々な共同運行便があります。

 

基本的に、アライアンスが同じ

航空会社同士は

共同運行のある場合が多いです。

 

  

航空券を安くできる!?

f:id:ikamamo:20190926182542p:image

航空券は往復、

同じ航空会社で購入することで

安くなります。

 

しかし、空席が無かったり、

往路とは異なる航空会社の

フライトでも、

「共同運行で往復の航空会社を揃える」

ことで、圧倒的に安くなります。

 

 

共同運行便は座席が少ない

f:id:ikamamo:20190926182834j:image

共同運行便は、

他の航空会社の飛行機の席を

一部もらっている席です。

 

そのため、もともとの

運行航空会社より

座席の割当が少ないことになります。

 

よって、空席が通常より早く

埋まります。

この点からも、早めの予約が

おすすめです。

 

 

座席指定について

f:id:ikamamo:20190926182715j:image

共同運行便で予約をした場合、

事前座席指定が

できない場合が多いです。

 

「必ず通路側の席がいい」

「事前に座席を選びたい」

こんな方は共同運行便ではなく、

オリジナル便で予約することを

おすすめ致します。

 

 

まとめ

f:id:ikamamo:20190926182758j:image

・往復の航空会社を揃えるために

 共同運行便が便利。

・共同運行便は

 座席がもともと少ない。

・共同運行便は事前座席指定が

 できないことが多い。