海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【ミャンマー】観光ビザ免除!?

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回はミャンマービザについてです。

 

最近まで 政治状況が安定しなかった
ミャンマーですが、
これから多くの日本人が
ビジネスや観光で

渡航するのではないでしょうか。

 

そこで今回はこれからアツい、
ミャンマービザについて
ご案内致します。(笑)

 

 

・今度、ミャンマーに行きたいが、

 ビザって必要なの?

・観光にもビザが必要なの?

 

こんな疑問にお答えしていきます!!

 

 

 

 

<ミャンマービザ>

そもそも、

日本人がミャンマーに行く場合は

ビザが必要です。

 

ミャンマーは渡航目的が

・仕事

・観光

どちらであっても、

必ずビザが必要です。

 

通常、インターネットや
ミャンマー大使館にて

申請が必要。

 

 

 

<観光ビザが不要!?>

上の章で、ミャンマーに行くときは

ビザが必要と記載しました。

 

しかし、201810月より

「日本人は観光ビザが不要」

という発表がありました。

 

 

 

<ビザ免除の条件>

日本人のビザ免除には

条件があります。

 

・日本もしくは韓国籍

・観光目的の渡航

・往復の航空券を所持

201810月から1年間の

 渡航者が対象

1US1,000を所持

 

これらの条件を満たしていれば、

ビザは不要になります。

 「フエ(ベトナム)の田舎道と走行するバイクフエ(ベトナム)の田舎道と走行するバイク」のフリー写真素材を拡大

 

 

<今後のながれ>

日韓への観光ビザ免除は

1年間のお試し期間となる。

 

従来は渡航前、

ミャンマー政府にビザ発給を

申請する必要がありました。

乾期に入る10月の

旅行シーズンにあわせて免除する。

 

現状では免除の条件として入国時に

1人1000ドルの滞在費用の現金を

所持するよう求めている。

しかし、観光業界が「なお観光客の負担が大きい」と

反発したため、

クレジットカード提示などの

代替策を検討する方針です。

 

また、中国人はミャンマー到着後に

空港で発行する

到着ビザ制度を導入する予定です。

 

 

 

<まとめ>

・今後は観光であれば
 ミャンマービザは不要。
・所持金の規制は今後、
 改善の可能性あり。
・これから渡航者が増える見込み