みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【初心者向け】中国ビザ申請方法と必要書類

スポンサーリンク

こんばんは~

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は

中国ビザ

についてです。

 風景, 中国, 市, 反射, パノラマ, 建物

・今度、中国に行くんだけど、

 ビザは必要?

・ビザを取得するには

 どうすれば?

 

こんな疑問にお答えします!

ビザ無し渡航

日本人が中国に行く場合、

短期間であれば基本的にビザ不要です。

 

ちなみに、ビザ無し渡航の

条件は、、、

 

・パスポートを所持し

 観光・商用・知人訪問

 親族訪問・通過目的で入国する

・入出国日も含めて15日以内の

 滞在はビザ不要。

 

このような条件になっています。

要するに、

・15日以内の滞在

 →ビザが不要

・15日以上の滞在

 →ビザが必要

 

 

ビザのタイプ

Woodtype, 印刷, フォント, 活版印刷, ウッド ブロック

では、ビザを取得すると、

何日間の滞在が可能でしょうか?

 

中国ビザのタイプは

最大30日滞在タイプと

90日滞在タイプがあります。

 

つまり、以下のような取得に

なります。

 

・15日以上30日未満の滞在

 →最大30日滞在タイプ

・30~60日以上の滞在

 →最大90日の滞在タイプ

  

また、上記のタイプは

それぞれさらに

・1回のみ有効なタイプ

・複数回有効なタイプ

があります。

 

「どうせビザを取得するなら

 90日滞在の複数回タイプにしよう」

と誰もが考えます。

 

しかし、有効期間や使用回数が多いほど、

ビザの料金が高額であり、

取得も難しくなります。

 

 

業者の利用が必要

ビザは大使館や領事館で

申請する場合が多く、

ご自身で領事館にビザを申請された方も

いらっしゃるかもしれません。

 

しかし、中国ビザは

代理の業者を利用する必要が

あります。

本人申請は難しいです。

 

理由は現在、

「中国ビザサービスセンター」

がビザの管理をしています。

 

このサービスセンターに

出入りできるのが、中国系の業者(会社)に

限定されています。

  

そのため、日本の旅行会社や

ビザ業者も代理の代理で

ビザを申請している状況です。

 

 

必要書類

パスポート, フラグ, 旅行, ビザ, 識別, アメリカ合衆国, アメリカ

中国ビザの申請書は

以下の5点です。

 

・パスポート

・古いパスポート

・顔写真

・招聘状

・申請書

 

ビザの申請書類としては、

簡単な方です。

 

しかし、その中でも特に

細かな規定があるので、

ポイントを1つずつ

お伝えしていきます。

 

 

古いパスポート

パスポート, フラグ, 旅行, ビザ, 識別, アメリカ合衆国, アメリカ

古いパスポートとは

期限が切れた前のパスポートです。

全員が対象ではありません。

古いパスポート提出が必要なのは

 

2015年以降にパスポートを

 発行した人

・今のパスポートで、まだ

 海外旅行に行っていない人

1年有効マルチビザを

 取得する一部の人

 

従って、全員が必要な

わけではありません。

 

また、上記の条件に当てはまるが、

旧パスポートを紛失等、

準備できない場合は

「理由書」という書類を

提出すればOKです。

 

期限が切れたパスポートは
捨てないでください 

 

 

顔写真

写真はあらゆるビザの中で

一番難しいと思います。

 

規定は、、、

・6ヵ月以内に撮影したもの。

・縦4.8cm×3.3cm

・頭頂からあご下まで

 2.8㎝~3.3㎝。

・カラー・背景白・正面前向き

・サングラス等色付きメガネ、

 不鮮明な写真は不可。

・服は背景と近くない色。

・眉と耳が出ているもの。

・眼鏡の着用不可。

・ピアス等の

 アクセサリー不可

 

これらの規定に合わない場合、

申請を受け付けてもらえません。

 

例:・背景がグレーの場合

   →申請NG

  ・メガネ着用の場合

   →申請NG

 

そのため、中国ビザの写真は

必ず写真屋さんで撮影を

おすすめ致します。

 

証明写真の機械では、

恐らく無理です。(笑)

   

申請書と招聘状の

注意事項はまた次回、

お伝えしていきます。

 

ではでは~