海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【中国ビザ①】申請の基本

スポンサーリンク

こんばんは~

 

海外旅行が専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は中国ビザについてです。

 

・今度、中国に行くんだけど、

 ビザは必要?

・ビザを取得するには

 どうすれば?

 

こんな疑問にお答えします!

 

 

今回の

  

 

<ビザ無し渡航>

日本人が中国に行く場合、

短期間であれば

基本的にビザ不要です。

 

ちなみに、ビザ無し渡航の

条件は、、、

 

パスポートを所持し

観光・商用・知人訪問

親族訪問・通過目的で

入国する場合、

入出国日も含めて15日以内の

滞在はビザ不要。

 

このような条件になっています。

要するに、

・15日以内の滞在

 →ビザが不要

・15日以上の滞在

 →ビザが必要

 

 

<ビザのタイプ>

では、ビザを取得すると、

何日間の滞在が可能でしょうか?

 

中国ビザのタイプは

最大30日滞在タイプと

90日滞在タイプが

あります。

 

つまり、以下のような取得に

なります。

 

・15日以上30日未満の滞在

 →最大30日滞在タイプ

・30日以上の滞在

 →最大90日の滞在タイプ

 

 

また、上記のタイプは

それぞれさらに

・1回のみ有効なタイプ

・複数回有効なタイプ

があります。

 

「どうせビザを取得するなら

 90日滞在の複数回タイプにしよう」

と誰もが考えます。

しかし、有効期間や使用回数が多いほど、

ビザの料金が高額であり、

取得も難しくなります。

 

 

<業者の利用が必要>

ビザは大使館や領事館で

申請する場合が多く、

ご自身で領事館に

ビザを申請された方も

いらっしゃるかもしれません。

 

しかし、中国ビザは

代理の業者を利用する必要が

あります。

本人申請は難しいです。

 

理由は現在、

「中国ビザサービスセンター」が

ビザの管理をしています。

 

このサービスセンターに

出入りできるのが、

中国系の業者(会社)に限定されています。

 

 

そのため、日本の旅行会社や

ビザ業者も代理の代理で

ビザを申請している状況です。

  

清掃済みの麻雀牌

<まとめ>

 ・短期間であれば、

 中国ビザは不要。

・15日以上滞在する場合、

 ビザを取得する。

・申請には代理業者を

 利用する。

 

 

申請書類については

次回、お伝えしていきます!!

 

ではでは~