海外旅行専門ノウハウ2019

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【シンガポール】タバコに注意!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんばんは~

海外旅行専門、

トラベルコンサルタントです。

 

今回は、

シンガポールについてです。

私の初めての海外旅行は

シンガポールでした。

 f:id:ikamamo:20180714163123j:image

日本からも近く、

観光資源が充実しているので、

言ったことのある方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな楽しい

シンガポールですが、

初めて行かれる方に

注意してほしいポイントも

あります。

 

そこで今回、

シンガポールを100

楽しむための注意点を

お伝えしていきます。

 

 

<タバコは禁止>

シンガポールへ

タバコを持ち込む場合は

税金がかかります。

1箱でも)

 

誤って持ち込んだ場合でも、

罰金の対象となるため、

注意が必要です。

 

特に、空港では

税金のかかっていない

タバコが安く売られています。

海外旅行のついでに

タバコを購入する方は

帰りに購入をおすすめ致します。

 

さらに、喫煙に関して、

公共の交通機関や公共の施設、

美術館、デパート、劇場、

レストランなどは

喫煙が禁じられています。

 

ルールに違反してしまうと、

たとえ旅行者であっても

罰金の対象となってしまうため、

注意が必要です。

 

ポイ捨てをしたり、

公共の場で

つばを吐いたりすることも

禁止です。

 

  

<寒暖差が大きい>

シンガポールは年中「夏」

みたいなものです。(笑)

 

2月にシンガポールへ行ったときは、

日本との気温差で

おかしくなりそうでした。

シンガポールへ行かれる方は

服装や水分補給に

注意しましょう。

 

また、暑いシンガポールですが、

屋内は冷房の温度設定が

低くなっています。

 

屋内外の寒暖差で

私は風邪を引いてしまいました。

屋内で1枚上に着られるような

服装がおすすめです。

 

 

 

<スコールに注意>

雨, 男性, 傘, 大雨, 徒歩での雨, 男, 人々, ウェット, 通り

スコールとは、

日本で言う夕立ちのような

一時的な雨です。

 しかし、夕立ちよりも強いです。

 

そのため、日本の折りたたみ傘は

壊れるほど雨が降ります。

 

もし旅行中、

スコールになった場合は

屋内へ避難しましょう。

 

30分もすれば、止みますので、

傘をして、むやみに移動しないで

くださいね!!

スポンサーリンク