みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【アメリカ】飛行機乗り継ぎ 荷物/入国審査は〇〇に注意!

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行を専門にしてます、

トラベルコンサルタントです。

 

さて今日も飛行機の乗り継ぎについて、

お伝えしていきます。  

なかでも今回は

アメリカのトランジット(乗り継ぎ)

についてです。

 

アメリカでの乗り継ぎは以下の

大きく3つ、注意点があります。

アメリカへの入国審査

アメリカの入国審査は、

最初に降りた空港で行います。

 

例:成田空港→デトロイト(アメリカ)

  →ニューヨーク

    この場合、デトロイトで

  入国審査を行います。

 

この場合、デトロイト→ニューヨークは

アメリカ国内線ですので、

ニューヨークについてから

入国審査はありません。

 

 

乗り継ぎでもESTA・VISAが必要

アメリカでは乗り継ぎのみで、

メキシコや南米に行く場合も

アメリカに一旦入国を

する必要があります。

 

例:成田空港→デトロイト→

  サンパウロ(ブラジル)

 

   デトロイトにてアメリカに入国。

  その後デトロイトでアメリカ出国。

 

そのため、アメリカは乗り継ぎだけでも、

ESTAもしくはアメリカVISAが必要です。

 

 

荷物の預け直しが必要

空港, 航空会社, 航空交通, 旅行, 交通, トランスポート, 航空, 観光

入国審査を終えると、

次は荷物です。

 

アメリカ国内線への乗り継ぎは、

日本出発時に預けたスーツケースなどを、

一度ピックアップし、X線検査を経て再度

預け直さなければなりません。

 

ここでも荷物が出てくるまでに

多少待たされる場合があります。

※一部空港・航空会社のみ、預け直し不要。

 

例:成田空港→デトロイト→

  ニューヨーク

 

  この場合、デトロイトで預け荷物を

  一旦引き取り、再度荷物を

  預け直します。

  

いかがでしょうか?

アメリカでの乗り継ぎは、

以上の3つに注意してください。

 

アメリカでの乗り継ぎ時間については2時間、

慣れていない方は3時間を

確保して方が安心です。

 

ではでは~!!