みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【シェンゲン協定/アメリカ有り】ロストバゲージを防ぐ2つの方法

スポンサーリンク

ど~も~
海外旅行専門、
トラベルコンサルタントです。

 

皆さんが海外旅行に行く時、
乗り継ぎはありますか?


出発空港から最終目的地まで、
直行便で行ければ一番ですが、
空席状況や直行便がない都市は、
どこかで乗り継ぎが必要です。

 

そこで今回は、

最終目的地までに1回以上、
乗り継ぎ(経由)のある場合の
預け入れ荷物について、
解説します。

 

荷物が到着しない、

乗り継ぎができない等の
トラブルを避けるために是非、
チェックしてくださいね!!

預け入れ荷物とは

飛行機に搭乗する際、通常は無料で
キャリーバックを預けられます。
出発の空港カウンターで、
預け入れをします。

  

航空会社によって、
無料預け入れ荷物規定が異なります。

  

  

荷物の流れ基本パターン

空港, 男, 旅行, 旅行者, 乗用車, 人, フライト, 大人, ビジネス

預け入れ荷物は最初に預けてから
最終目的地まで届けてくれる場合と、
乗り継ぎ空港で一旦荷物を引き取り、
再度預け直す必要がある場合の
2パターンがあります。

 

 

最後まで荷物が届くパターン

荷物が最終目的地まで届く場合
・乗り継ぎなしの直行便
・同じ航空会社同士の乗り継ぎ
 例:中部国際空港→成田空港→サンフランシスコ空港
   全区間全日本空輸(ANA)
 例:成田空港→香港空港→デリー空港
   全区間キャセイ航空(CX)

 

 

途中で預け直しが必要なパターン

旅行中のキャリーケース 

荷物の引き取り&預け直しの場合


・異なる航空会社同士の乗り継ぎ
例:成田空港→香港空港 JAL
  香港空港→デリー空港 キャセイ航空

 

・アメリカの都市で乗り継ぎ
例:成田空港→サンフランシスコ空港
  サンフランシスコ→ニューヨークJFK空港
  ※航空会社が同一、異なる場合の両方


・ヨーロッパ(シェンゲン協定)で乗り継ぎ
例:成田空港→フランクフルト空港
  フランクフルト空港→ローマ空港
  ※航空会社が同一、異なる場合の両方

 

このように、預け入れ荷物が最終目的地まで
スルーなのかどうかはパターンがあります。

 

アメリカとヨーロッパ(シェンゲン)の

乗り継ぎについては
更に追加記事を作成予定です。

 

ご期待くださいね(笑)
ではでは~