海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【インドVISA】取得方法マニュアル

スポンサーリンク

こんばんは~

海外旅行専門、

トラベルコンサルタントです。

 

今日は暑かったですね~

まだ、体が暑さになれておらず、

バテないように水分補給をしています(笑)

 

さて、今日はインドVISAについてです。

日本人がインドに入国する場合、

渡航目的にかかわらず、VISAが必要です。

 

観光用のVISAもあるのですが、

今回はビジネス用のVISAをご紹介します。

 

 

<VISA申請前の確認事項>

 

・ビジネス用のB-VISAは商談やミーティングをするために

 インドへ入国する方向けです。

 工場での作業等をする場合は、別のE-VISAが必要です。

・ビザは発給日から有効となります。

   インド入国日から有効となるわけではありません。

・東京大使館の申請を基準にしています。

 関西地方より西に住んでいる人は、

 大阪領事館申請になり、

 申請書類がより煩雑になります。

 

 

<必要書類>

 

申請書類は以下の5つです。

代行業者にお願いする場合は、

別途委任状が必要です。

①申請書

②写真

③パスポート

④Invitation letter

⑤Recommendation letter

 

 

<書類の作成方法>

①申請書
 申請書はWEB上での登録をしたあと、
 印刷が必要です。
 次のURLにアクセスし、Regular Visa Applicationをクリック。
 申請するVISAのタイプやブランクの項目を埋めます。
 その後、個人情報や申請情報を入力し続けます。
② 写真
 5cm x 5cmのカラー写真。
 原本の他に、申請書に取り込む必要があるため、
 JPEGのデータも必要です。
③ パスポート
 有効中かつ、未使用ページがあること。
④ Invitation letter(招聘状)
 インドの現地受入先(企業)から日本人を
 呼び寄せるという内容の文書。
 原本が必要。
 呼び寄せの目的や渡航日程等、詳細な記載が必要。
 現地代表者のサインも要。
⑤ Recommendation letter(会社推薦状)
 日本の会社が申請者を推薦し、
 インドに渡航させるという内容の文書。
 こちらはInvitation letterと
 内容が一致している必要があります。

 

他にも注意点は多くあるのですが、

まずは大枠をお伝えします。

 

 

大使館のHP

https://www.indembassy-tokyo.gov.in/jp/visa_services_jp.html

上記にも記載があるのですが、

正直、わかりにくいです(笑)

申請書のURLも見つけにくいし、、、

 

 

細かいことはまた次回、

お伝えしますね!

 

ニューデリー(インド)の商店街

ではでは~。