海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【チェコ・ハンガリー旅行者必見】保険加入が必須です!

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今日はずっと雨でしたね。

そろそろ梅雨入りでしょうか。

 

さて今日は海外旅行保険についてです。

 

 

題名にも記載致しましたが、

チェコやハンガリーに旅行する方は特に、

チェックしてください。

 

 

 <海外旅行保険は必須?>

 

 

海外に行く場合、保険は必須と言っても

過言ではありません。

日本の病院であれば、健康保険等が適用されますが、

海外はそれがないため、

少しの怪我治療だけでも100万円

なんてことにも、、、

 

できれば、海外旅行保険に加入をおすすめ致しますが、

海外旅行保険はクレジットカードに

付帯しているケースが多いです。

そのため、クレジットカードの保険だけでも

 

お持ちください。

 

また、海外旅行保険の申し込みを忘れた場合でも、

空港で出発日に申し込むことも可能です。

 

 

<海外旅行保険が必須の国がある?>

基本的に海外旅行保険の加入は、

旅行者本人の自由です。

しかし、海外旅行保険に必ず加入しなければならない国が

ヨーロッパにあります。

 

それはチェコとハンガリーです。

他にもあるのですが、特にこの2つの国に

旅行する際は必ず海外旅行保険にご加入ください。

 

お盆休みにプラハやブダペストを旅行する方は、

 

要注意です!!

 

・チェコの海外旅行保険規定

 滞在中に保険の提示を求められる場合あり。

 保険の要件は以下の通りです。

 

  1. 滞在期間をカバーするもの。
  2. 治療・傷害・死亡・医療搬送費用の項目において、

   それぞれ30,000ユーロ以上の保険金が

   支払われる保険会社発行のものが必要。

     3.クレジットカード付帯の保険を利用する場合でも、

  カード会社に保険証券の発行を依頼する。

     4.団体で加入している場合、

  被保険者の名前が明記されているものが必要。

 

 

・ハンガリーの海外旅行保険規定

 ハンガリーに入国するすべての渡航者は、

 海外旅行保険の加入が必要。

 入国時に係官から保険証券の提示を求められる場合がある。

 

 ※保険の要件

  ①滞在期間をカバーするもので、

   死亡時の補償が30,000ユーロ以上あるもの。

  ②クレジットカード付帯の場合、

   本人名義の英文保険証書が必要。

 

 

いかがでしょうか?

 

まとめると特に、以下2点が重要です。

・補償支払い金額30,000ユーロ

・保険証書の携帯(クレジットカードのみは不可)

 観光客が集まるチェコ・プラハの街並み

プラハやブダペストに行かれる方は、

ご注意ください!!

 

ではでは~