みんなの海外旅行・出張

年間2000人の海外航空券とビザ手配するトラベルコンサルタントのブログ

【アメリカビザ】申請ガイドライン

スポンサーリンク

ど~も~

海外旅行専門、

トラベルコンサルタントです!

  

さて今日は、

アメリカビザの情報

をお届けします。

 

アメリカビザを取得するためには

多くの書類と準備の時間がかかります。

 

アメリカは

「異国から人を受け入れ、発展している」

というイメージがあるかもしれませんが、

実際には、鎖国みたいなのもです(笑)

ビザの取得はとても大変です。

 

そこで今日は、アメリカビザ取得までの

ガイドラインをお伝えしていきます。

 

・ビザが必要かどうか?

・全体の流れが知りたい

こんな方向けの情報です。

 

※業務や赴任用のB1B2ビザ、

 E2ビザ等を中心にお伝えします。

アメリカビザが必要な場合

パスポート, ビザ, 罫線, バッファー, 税関

アメリカビザは多くの種類があります。

渡航目的によって

取得するビザが異なるのですが、

留学、研修、工場の現場監督、赴任

等 種類は様々です。

 

まず、1回の滞在が

30日以上中長期的な滞在は

ビザが必要になるケースが多いです。

 

逆に言えば、

30日以内の観光や商談等の渡航は

ビザが必要ありません。

(不要な方でもESTAの登録は必要です。)

ESTA

Home | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection

 

 

 取得までの流れ

ビザ取得までの流れは

  1. 書類準備
  2. 領事・大使館での面接予約
  3. 本人面接
  4. VISAの発給

という流れになります。

 

よく「どのくらいの時間がかかるのか」と

質問されるケースがありますが、

書類の準備も含めて

約1ヶ月の時間がかかります。

 

また、最近はビザ取得が

日に日に難しくなっています。

 

そのため、あとから追加書類の提出を

求められる場合もあるため、

早めの準備が必要です。

 

 

注意点

ビザ, ビジネス, 購入, カード, 携帯電話, 銀行, クレジット, 電子

書類作成・準備

必要書類はビザの種類によって異なりますが、

基本的にすべて英語で作成します。

 

 

面接

基本的に面接は5~15分の簡単なもので終わります。

ただし、英語です。

しかし、準備した書類に不備があったり、

本人がうまく受け答えができなかった場合、

30分ほどになるケースがあります。

 

面接の流れはYOUTUBEにわかりやすい動画があります。

URLを参考にしてみてください!

 

アメリカVISA面接動画

www.youtube.com

  

ではでは~!!