海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【アメリカVISA取得マニュアル】取得の流れ

スポンサーリンク

ど~も~

 

海外旅行専門、

トラベルコンサルタントです!

 

4月、5月は仕事が忙しい日が続きましたが、

やっとここ数日、落ち着いて来ました。

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて今日は、アメリカVISAの話です。

取得には多くの書類と準備の時間がかかります。

 

アメリカは

「異国から人を受け入れ、発展している」

というイメージがあるかもしれませんが、

実際には、鎖国みたいなのもです(笑)

VISAの取得はとても大変です。

 

そこで今日は、

アメリカVISAご取得についての方法、

ガイドラインをお伝えしていきます。

 

VISAが必要かどうか、

全体の流れが知りたい方はぜひ、

チェックしてくださいね!

 

※今回は業務や赴任用のB1B2ビザ、E2ビザ等を中心に

 お伝えします。

 

 

<アメリカVISAが必要なケースとは>

 

アメリカVISAは多くの種類があります。

渡航目的によって取得するVISAが異なるのですが、

留学、研修、工場の現場監督、赴任 等様々です。

 

まず、1回の滞在が30日以上中長期的な滞在は

VISAが必要になるケースが多いです。

逆に言えば、30以内の観光や商談等の渡航は

VISAが必要ありません。

(VISAが不要な方でも下記URLのESTAの登録は必要です。)

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

 

 

<取得までの流れ>

 

VISA取得までの流れは

  1. 書類準備
  2. 領事・大使館での面接予約
  3. 本人面接
  4. VISAの発給

という流れになります。

 

よく「どのくらいの時間がかかるのか」と

質問されるケースがありますが、

書類の準備も含めて1ヶ月の時間がかかります。

また、最近はVISAの取得が日に日に難しくなっています。

そのため、あとから追加書類の提出を求められる場合もあるため、

早めの準備が必要です。

 

 

<注意点>

 

・書類作成・準備

 必要書類はVISAの種類によって異なりますが、

 基本的にすべて英語で作成します。

 大切なのは

「アメリカ人にはないスキルをもっている」

ということを証明することです。

 

・面接

 基本的に面接は5~15分の簡単なもので終わります。

 ただし、英語です。

 しかし、準備した書類に不備があったり、

 本人がうまく受け答えができなかった場合、

 30分ほどになるケースがあります。

 面接の流れはYOUTUBEにわかりやすい動画があります。

 URLを参考にしてみてください!

 アメリカVISA面接

https://www.youtube.com/watch?v=yqwoy46vs7I

 風になびくアメリカの国旗 

 

ではでは~!!