海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【中国旅行者向け】自動入国ゲートは使えるのか?

スポンサーリンク

こんばんは〜

トラベルコンサルタントです(^∇^)

 

少しずつですが、

暖かくなってきましたね!

沖縄は既に梅雨入りしたそうですよ!

 

梅雨が来る前に、

晴れの日を楽しみたいですね(^.^)

 

さて、今日は昨日に引き続き、

中国の出入国についてです。

 

中国に入国する際、

指紋と顔の登録が始まっています。

※詳しくは前回の記事ご覧下さい。

 

この登録とは別件で、

中国では「自動入国ゲート」の導入が

始まりました。

 

自動入国ゲートって何?

と思いますよね?

 

通常、中国に入国する際は

飛行機から降りて、

イミグレーションで入国管理官にパスポートを

提示し、入国スタンプを押してもらう

また、帰りも出国スタンプを押してもらい、

飛行機に乗ると思います。

 

しかし、この自動入国ゲートを利用すると、

入国管理官にスタンプを押してもらう必要が

なくなります。

電車の自動改札の要領ですね

 

この自動ゲートの利用には、

以下の条件があります。

 

 

 

<自動入国ゲート利用条件>

 


(1)半年以上長期滞在する外国人は,
      出入国審査において,
   自動化ゲート(中国語:「自助査験通道」)の利用が可能。
   ゲートでは「出入国記録憑証」という出入国記録票を
   各自で印刷できる。
   このゲート利用者は出入国スタンプが押されない。

 

 

(2)しかし,中国のホテル等で
   入国スタンプを確認することが多く,
   自動化ゲート利用者がかえって不便になる場合もある。
   また,入国スタンプの日付は合法的な滞在期間を確認するために重要なため、
   出入国にあたっては必ず出入国記録票を印刷した上で
   紛失することがないよう保管が必要。

(3)なお,自動化ゲートの利用登録にあたっては,
   指紋など個人生体識別情報が採取される。

 

いかがでしょうか?

要するに、

・一般の旅行者は使用不可

・自動入国ゲートを利用できるのは一部の長期滞在者のみ

・利用可能な方でもまだまだ不便な点が多い。

 

というポイントがあります。

 

 

個人的には、自動ゲートを利用できる方でも、

まだ登録/利用はされない方が良いと思います。

 ではでは~!!