海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【アメリカVISA】取得が難化?

スポンサーリンク

どーもー!

トラベルコンサルタントです(^ ^)

 

今日はアメリカVISAについてです。

 

アメリカVISAの取得が最近さらに、

難しくなっています。

 

よくアメリカは

「自由の国」と呼ばれるため、

・海外からの働き手を多く受け入れる

・VISAの申請も簡単

と、思われがちです。

 

自分もそう思っていたのですが、

VISA業務を進める上で、アメリカはむしろ

「鎖国」と言っても過言ではない

と思いました(笑)

 

そして近年は更に、

VISAの取得が難しくなっています。

 

そこで今日は、アメリカVISAの取得が

難化している理由をお伝えしていきます。

 

今後、ご取得予定の方はぜひ、

参考にしてみてください。

 

<政治的な流れ>

 

今、アメリカの大統領は何かと話題の

トランプ大統領です。

実は、トランプ政権になってから、

アメリカVISAの取得が難しくなっています。

 

トランプ大統領はメキシコとの国境に

バリケードを作ったり、

移民の受け入れを拒んでいます。

 

アメリカ人が恵まれないのは、

「外国から来た人が仕事を奪っているから」

という考えを持っているからです。

 

したがって、VISAの審査を

厳しくすることによって

外国人がアメリカで働く機会を

減らしています。

これは、日本人も例外ではありません。

 

実際、

トランプ政権前のVISA申請書類を今、

提出しても、却下されたことがあります。

 

 

<面接内容の変化>

 

アメリカVISAを取得するためには、

申請者本人が領事館等で

面接を受ける必要があります。

ここで、申請書類と本人の意思が

一致しているかを確認します。

基本的には英語です。

 

以前は、この面接も数分の内容の確認で

終わっていたのですが、

ここ最近はより深い内容を

質問される場合が増えています。

 

また、意地悪な事に

わざと書類とは異なる内容を言うなど、

引っ掛けの質問もあるそうです。

 

また、書類や面接が不十分と

判断された場合は追加書類を

求められることもあります。

 

 

 

このように、アメリカVISAは最近、

取得が難しくなっています。

 

取得には十分な準備と時間が必要です!