海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【フライト】二重予約はできない?

スポンサーリンク

どーもー!

トラベルコンサルタントです(^。^)

 

今日は、フライトを予約する際の注意点です。

どんな事かというと、、、

 

「航空券は二重予約ができない」

ということです。

同じ名前・航空会社・区間の予約が

2つ以上ある場合、

二重予約とみなされます。

 

二重予約が航空会社にバレた場合、

全予約が自動でキャンセルされてしまいます。

 

しかし、二重予約なんてしないよ?

と思われる方も多いと思います。

 

例えば、

出来るだけ安い航空券を手配するために、

複数の旅行会社でフライトを同時に

予約し、1番安いものを選ぶ場合によくあります。

 

その他、こんな場合も二重予約ですので、

ご注意ください。

 

 

<二重予約とみなされる例>

・2つ以上の旅行会社にて、

 同じ旅程の予約を依頼する。

・同じ搭乗者・区間・航空会社で、

 2つ以上の予約をする場合。

・同じ搭乗者・区間・航空会社で、

 エコノミークラスとビジネスクラスの両方の

 予約をする場合。

・全体の旅程は異なるが、

 1つの区間のみダブって予約をした場合。

 例:行きは同じ、

   帰りは異なる 場合

・同性同名の人が、偶然全ての旅程について、

 同じであった場合。

 

 

二重予約があった場合、

予約記録の古い順に自動でキャンセルされます。

自動キャンセルは数日後の場合もありますが、

瞬時にキャンセルされる場合もあります。

 

特に、次の航空会社は二重予約があった場合、

即自動キャンセルされます。

 

・日本航空(JAL)

・ルフトハンザドイツ航空

・デルタ航空

・全日本空輸 (ANA)

 

 

また、同一の搭乗者で、同じ区間のフライトであっても、

航空会社が異なる場合は二重予約とはなりません。

ご安心ください。

 

 

しかし、

一時的に二重予約をしなければならない場合が

あるかもしれませんね。

 

上記の航空会社は難しいですが、

この場合はマイレージ登録をしない 

と、二重予約がバレにくいと言われています。

 

マイレージは個人を特定できる番号であるため、

二重予約がバレやすいからです。

 

  

ではでは~!!