海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【はじめてのVISA申請】基本②

スポンサーリンク

ど~も~!

トラベルコンサルタントです。

 

今回は海外に行く時、初めてVISAを取得する方、

VISA取得に慣れていない方向けに情報を

お伝え致します。

 

前回、お伝えしきれなかった部分あるため、

第二弾となります。

 

こちらで「VISAってこんな感じなんだ」と

全体像を掴んで頂けたら幸いです。

 

<今回の内容>

1.VISAはシングルとマルチがある

2.VISAは観光・商用・就労の3種類がある。

3.VISAは代理申請が可能である。

 

 

 ①VISAはシングルとマルチがある

 VISAは大きく分けて2種類あります。

 シングルかマルチか です。わかりやす言うと、、、

 

・シングルVISA:1回の渡航・入国でVISAの効力がなくなる。

・マルチVISA :複数回に渡って渡航が可能。

         ただし、VISAには有効期限があります。

 

ほとんどの場合、シングルよりもマルチの方が申請料高額であったり、

申請書類が多く、審査が厳しいです。

  

 

②VISAは観光・商用・就労の3種類がある。

  渡航目的によって種類が異なります。

 ご自身の渡航目的あったVISAを取得していないと、

 入国ができなかったり、日本に追い返されてしまします。

 

 ・観光VISA:観光目的者用のVISA。

           日本は観光目的であれば、

        パスポートのみで渡航できる国が多い、大変恵まれた国です。
       しかし、ミャンマー等は観光であってもVISAが必要です。

 

 ・商用VISA:商談や打ち合わせ、会議目的のVISA。

        営業マンや会社役員が多く取得します。

        工場内での作業を目的とする場合、

        このVISAではNGな場合が多い。

 

 ・就労VISA:現地で働くことを目的としたVISA。

        日本からの赴任者や工場内での作業を

                          伴うことを目的としています。

 

 

③VISAは代理申請が可能である。

  ご自身でVISA申請をしたり、

    面接を受けて初めてVISAが発給される場合もありますが、

    基本的には旅行会社や引越し業者、法律事務所等がVISAを代理で

 申請することができます。

 国や申請地によって、代理申請の可否が異なります。

 ご注意ください。

 

 

いかがでしょうか?

VISAの全体像はつかめましたか?

 

では、また~!!