海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【ビジネスマナー】上司と飛行機編

スポンサーリンク

どーもー!

トラベルコンサルタント、

略してトラコンです。(笑)

 

今日はお仕事旅行編です。

皆さんは、お仕事で出張に行きますか?

1日中事務所にいる人から、

年間のほとんどを海外で過ごす人など、

様々だと思います。

 

ところで、もし上司と同行で出張だった場合、

ちょっと嫌ですよねー

特に、飛行機の座席はどうしたらいいのでしょうか?

今回は2つ、お伝えします。

 

あくまで、移動中に

上司と大切な打ち合わせがない

という前提ですので、ご了承下さい。

 

【移動中の座席は隣同士じゃなくてもいい?】

これ、考えますよね、、、

例えば、上司と自分の2名での出張の場合、

飛行機では隣同士にした方がいいのかな?

と迷いますよね(笑)

 

ですが、ほとんどの場合、隣同士ではなく、

バラバラの座席に座ってokです。

むしろ、「座席は離して取って」という人も

多くいらっしゃいます。

 

国内線の数時間程度なら隣同士でもいいのですが、

海外出張の時はフライト時間が長いため、

基本的にはバラバラで席を予約します。

 

 

 

【席は上司が前?部下が前?】

飛行機や新幹線の席を隣同士ではなく、

バラバラで予約する事は決まりました。

そこでまた、悩みます。

どちらが前に座れば良いのか?と、、、

 

正解は上司(役職が上の人)が前、その部下等が後ろです。

ちなみに、上司のすぐ後ろの席に座る必要はなく、

2、3列後ろでも全く問題ありません。

役職の判断に困った時は、年齢を思い出し、

年齢が上の人から順に前に座ってもらえばOKです。

 

 

職場で中のいい人同士の出張であれば、

隣同士でも問題ありませんが、

基本的にはバラバラに座りたがる人が多くいらっしゃいます。

「長時間フライトなど、ずっと隣は気疲れするから」とのことです。

 

また、上司は年齢が上であることが多いため、

トイレが近い人が多いと思います。

ですので、上司の座席はなるべく通路側を予約しましょう。

 

ちなみに、

新幹線など、電車での移動であっても同じです。

同一車両バラバラの前方通路側の席を確保すればOKです。

 

ではでは~!