海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【飛行機のキャンセル】無言は罰金対象?

スポンサーリンク

おはようございます~!

 

海外旅行専門の

トラベルコンサルタントです。

 

今回は航空券の

キャンセルについてです。

 

・航空券をキャンセルすると

 料金は発生する?

・航空券を捨ててもいいの?

 

こんな疑問にお答えします!!

 

 

 

<航空券のキャンセル>

まず大前提として、

海外航空券は購入(発券)した後、

キャンセルする場合は

料金が発生します。

(予約だけの場合は

 キャンセルしても料金はかかりません。)

 

キャンセル料は航空会社や

購入した運賃タイプによって決まります。

 

中には、運賃が安い代わりに、

キャンセル料を支払っても

返金できないタイプもあります。

おおよそですが、

キャンセル料は

¥5,000~¥20,000であることが

多いです。

 

 

<無言キャンセル> 

航空会社や旅行会社に

キャンセルの連絡をせずに、

飛行機搭乗日を迎えた場合は

更に料金が発生することがあります。

これを題名では罰金と呼びました(笑)

 

例えば、、、

  1. 急な仕事で明日からの

        海外出張に行けなくなった。
        忙しくて、キャンセルの連絡を

        することを忘れていた場合

 2.海外旅行の行きのフライトのみ使い、
  帰りを使用せず

  別の航空券を購入して

  帰国した場合。

 3.フライトの出発日を過ぎて、

  キャンセルの連絡をした場合。

 

上の①~③は

キャンセル料+未連絡の罰金 

必要になる場合があります。

 

 

例えば、

「払い戻し料金が

 大した金額じゃないから、

   キャンセル手続きも面倒だし、

 そのままでいいや」と思っても、

後から罰金を請求されることがあります。

 

 

<キャンセル時のポイント>

 

キャンセルする場合は必ず

航空会社か旅行会社に連絡、

もしくはキャンセル手続きを

行ってください。

 

重要なのが、

はじめに搭乗するフライトの出発より前に

連絡すること

が大切です。

 今日はその予定キャンセルでお願いします。(グリーンバック)

 

<例外もある> 

 

例えば、

・急に病気になった。

・家族にご不幸があった。

など、

 

やむを得ない場合は、

後ほど証明できる書類を

提出すれば、キャンセル料や罰金を

免除できますので、ご安心ください。