海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【出発前に要確認】パスポートの有効期間は大丈夫?

スポンサーリンク

こんにちは~!

今回もパスポートのお話です。

 

前回は旧パスポートの話でしたが、

今回は今持ってるパスポートの有効期間(残存期間)についてです。

 

ここで、海外旅行初心者の多くは

「パスポートの有効期間内に海外へ行って帰って来るまで、有効期間があればOK」と

思っているのですが、

これは間違いですよ!!(笑)

 

 

ほとんどの国はそれ以上のパスポート残存期間が必要です。

例えば下記のような感じです。

 

<パスポート残存期間の例>

・シンガポール :入国時6ヵ月以上必要。

・タイ     :入国時6ヵ月以上必要。

・ベトナム   :出国時6ヵ月以上必要。

・韓国     :入国時3ヵ月以上必要。

・中国     :入国時6ヵ月以上が望ましい

 

 

御覧頂いてのとおり、

まず入国時に6ヶ月以上余分にパスポートの残存期間があります。

さらに、ベトナムはベトナム出国時に6ヶ月以上必要なため、

他の国よりも少し厳しいのがわかります。

 

 

ここで、賢い人は中国の記載に気づきます。(笑)

中国の「6ヵ月以上が望ましい」って良いのかNGなのかどっち?

当然の疑問ですね(笑)

自分も最初に勉強した時、同じ気持ちでした。

 

この疑問の答えは、

パスポートの残存期間は6ヶ月以上なくても問題はありません。

ちゃんと入国できますし、

6ヶ月以上残存期間がない人が実際に何人も入国してます。

ですが、パスポートの残存期間が残り数日とかで

渡航するのは辞めた方が良いと思います。

 

 

また、細かくて恐縮なんですが、

それぞれの国で「入国時」とか「出国時」とか日数を計算する基準も異なります。

結構気をつけないと、見落としがちです。

 

 

さらに、話がずれますが、

パスポートに入国スタンプ等のページ規制がある国もあります。

 

インドネシアは:入国時6ヵ月以上必要。

        パスポートの未使用スタンプページは連続3ページ以上必要。

 

 

パスポートの残存期間が規定より足りずに旅行当日を迎えた場合、

飛行機に乗れなかったり、入国審査で止められたりしますので、

必ず確認するか、パスポートを更新してから渡航してくださいね。

 

大体、どこの国も残存期間が6ヶ月以上あれば大丈夫なことが多いです。