海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【就活生向け】旅行業界のぶっちゃけ!

スポンサーリンク

どーも!

今回は航空券や

visaとは少し離れて、

・旅行会社で働きたい

・旅行会社に興味ある 

・旅行業界で就活中  

って人の参考になればと思い、

語っていきます。

 

今回は

 

についてです。

 

 

<給料>

まず、ここ!

気にならない人は

いないですよね?(笑)

 

よく薄給と言われていますが、、

数年前、就活をする上で

「他の業界より少ないな」と

感じました。

 

しかし、残業代や交通費も

しっかり出ますので

生活には困りません。

 

初任給も20万円以上、

ありました。

旅行業界でも給料が少ないな、

と感じたのは

街中のスーパー内にある

旅行会社です。(大手以外)

店舗も小規模でしたし、

初任給も18万円前後でした。

 

 

<残業>

旅行会社は基本的に

サービス業です。

なので終業時間ギリギリに

予約の依頼があれば残業します。

 

忙しい時は月に60時間近く

残業したこともあります。

これは、時期や支店、会社ごとに

異なると思いますが、

平均1920時までは

働くことが多い気がします。

 

就活している時、

大手旅行会社HSの面接官は

「私は毎日22時過ぎまで働いてます」

って言ってた時は

びっくりしましたが、、、(笑)

 

 

<ボーナス>

こちらも様々ですが、

うちの会社は年間2回の

2ヶ月分が多いです。

業界では良い方ですね。

 

他の会社は

もっと少ないと聞きました。

また登場しますが、嘘かホントか、

大手旅行会社HSのボーナスは

自社の旅行券だけのときが

あるらしいですよ(笑)

 

 

<資格>

資格についてです。

これは就職する上では

特に聞かれませんでした。

「旅行業務取扱主任者」の

資格を持っていると良いですが

なくても全く問題ありません。

 

しかし、入社してから、

添乗員や保険の販売、

旅行業務取扱主任者などの

資格を取得させられます(笑)

 

また、英語できないとまずい?

と不安な人もいると思います。

英語は毎日使います。

Visaの書類はすべて英語ですし、

飛行機の運賃ルールも

基本は英語です。

 

でも、自分も

英語が得意ではありませんが、

調べながら覚えました。

ペラペラに喋れると

添乗員をしたときには有利です。

それ以外は

「調べながらでも英語が読めればOK

ぐらいだと思いますよ。

 

 親身になって添削する編集者

<男女比>

これは他の業界に比べて

女性の割合が多いと思います。

メーカーなどは

89割が男性ですが、

旅行業界は女性の割合が

男性を上まることも

実際にあります。

 

女性が多いと育休や産休、

時短で働くことなど

制度が整っている可能性が

高いので安心ですよね。

 

今回は以上です。

また、随時、

業界の内情を

お伝えしていきますね!