海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【航空券名前は変更不可!?】

ども!

トラベルコンサルタントです。

 

今回は航空券のお名前についてです。

題名にある通り、

予約した海外航空券の名前は変更ができません。

 

下の2つの例をクイズ形式にてご説明致します。

 

搭乗者の変更

山田さんは海外出張のため、

成田-サンフランシスコの往復フライトを予約し、

チケットを購入しました。

 

しかし、旅行の1週間前に急な仕事が入り、

サンフランシスコへは行けなくなってしまいました。

そこで、代わりに同じ部署の田中さんに

サンフランシスコへ行ってもらうことになりました。ここで問題です。

「山田さんが購入した航空券を

 田中さんが使用することはできる?orできない?」

 

・・・・・・正解は「できない」です。

JRやバスのチケットには名前がないため、

だれが使用しても問題ありません。

しかし、海外航空券はチケット1つ1つに搭乗者の名前が登録されており、

変更することは基本的にできません。

 

そのため、今回の場合、1度山田さんはチケットを払い戻し、

田中さんは自分の名前で新しくチケットを

購入する必要があります。

 

 

名前スペルミス

鈴木達也(スズキタツヤ)さんは航空券をWebサイトで購入しました。

成田-ロサンゼルスの往復です。

しかし、旅行3日前にパスポートを準備していたところ、

チケットの名前のスペルとパスポートのスペルが

一致していないことに気づきました。

 

・チケットの名前 :SUZUKI/TATUYA

・パスポートの名前:SUZUKI/TATSUYA

 

「ツ」のSがぬけていたんです!

ここで問題です。

「名前のスペルミスは訂正ができるで?orできない?」

 

・・・・・・・・・正解は「できません」

この場合も例①と同様に一旦予約をキャンセルし、

パスポート通りの名前で再度予約をし直す必要があります。

また、チケットとパスポートのスペルが一致していないことに気づかず、

当日空港へ行き、チェックインをした時に

カウンターのスタッフから間違いを指摘されたら最悪です。

基本的には1文字でもパスポートとチケットの名前が違っていれば、

飛行機には乗せてもらえません。。。

 

 

以上2つの例をみるとわかるように

海外航空券の名前はかなり厳しく制限され、

ミスが許されません。

MRをMSにしてしまった等も含め変更は基本的にできません。

 

※ただし、旅行会社で予約した場合、

 特例で修正をしてもらえる場合があります。

 

国際航空券を購入するときは必ず

パスポートのスペル通りに登録をしましょう!

 

ちなみに、日本の国内航空券も名前の変更ができません。

しかし、飛行機搭乗前に身分証の確認等はないため、

別人でもそのままバレずに使えることがあります。(笑)

 

ただし、国内線は搭乗者の年齢や性別を登録するため、

同じ性別かつ同じくらいの年齢であればですが、、、