海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【航空券は往復同じ航空会社】

こんにちは!

トラベルコンサルタントです!

 

今回は航空券の運賃について語ります。

よく、お客さんから

「行きはJAL・帰りはANAで予約して!」

と言われることがあります。

 

でも、これかなーり料金が高くなります。

  1. 行きJAL+帰りANA ←割引なし 高額
  2. 行きANA+帰りANA  ←割引あり 安価

 

理由は行きと帰りで異なる航空会社同士だと

往復割引が適用されないからです。

片道+片道としてカウントされてしまうんですね。

 

ちなみに、基本的に片道の方が往復より高額なことが多いです。

同じ区間、同じような日付・時間帯であっても

往復の航空会社をそろえないと、

20万円以上高額になることもざらにあります。

なので、自分で航空券を手配する時はまず、

ここを意識することをお勧めします!

 

でも、どんなことにも例外はありますよね?

例えばこんな旅程ではどうでしょうか?

<例>

行き 成田→サンフランシスコ 全日空(ANA)

帰り サンフランシスコ→成田 ユナイテッド航空(UA)

 

この場合、行きと帰りで航空会社が異なるので

どっちかに揃えたほうが安いんですが、

この場合は例外です。

 

全日空とユナイテッド航空は航空会社の

グループ(アライアンス)が同じであり、

航空会社間のシステムもつながりがあるため、

往復割引等が適用になります。

 

この例外パターンは他にも、、、

・行き JAL+帰り アメリカン航空

・行き ルフトハンザドイツ航空+ 帰り 全日空

  

 

これを応用するとこんなパターンもあります。

<例>

行き 広島→羽田 JAL

   羽田→ロサンゼルス アメリカン航空

帰り ロサンゼルス→羽田 アメリカン航空

   羽田→広島 JAL

 

このパターンだと運賃の組み合わせ方にもよりますが、

往復割引の適用 + 広島-羽田間のJALも無料もしく追加1万円で

使用することができます。

新幹線と電車で広島から羽田まで往復したら2~3万円は必要ですよね?

余談ですが、この国内線を国際線の運賃に入れて安くする、

もしくは無料にすることを

業界では「国内線を切り込む」っていうんですよ。(笑)

 

結論、航空券予約するときは

・往復の航空会社を同じにする

・航空会社を同じにできない場合は、

 同じグループ(アライアンス)の航空会社で予約をする。

 

 

ここに気を付けると、航空券の料金はかなり変わってきますよ。

 

※例外:日本や中国などの国内線は片道の方が安いです。

    これは運賃の計算方法が往復から算出するのではなく、

    飛行機に搭乗する1区間ごとに加算される方式だからです。

    上記の内容はあくまで海外航空券に関することですので、

    気を付けてくださいね。