海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【航空券料金】往復割引を使うには?

スポンサーリンク

こんにちは!
トラベルコンサルタントです!
 
今回は航空券の
料金についてです。

 

よくお客さんから
「行きJAL・帰りANAで予約!」
と言われることがあります。

でも、これかなーり料金が

高くなります。
理由も含めて

解説していきますね!

 

今回の

 

<往復割引とは>

 航空券には「往復割引」
というものが存在します。
往復同じ航空会社の飛行機を
利用すると割引される
ということです。

 

従って、
①行きJAL+帰りANA 
   ↑割引なし 高額になる
②行きANA+帰りANA 
   ↑割引あり 安価

となります。

 


<片道航空券は高額>

 あまり知られていませんが、
航空券は片道の方が往復より
高額なことが多いです。

 

先程の①行きJAL+帰りANAは
JALとANAがそれぞれ片道として
認識されるため、
料金高額になるのです。

 

自分で航空券を
手配する時はまず、
ここを意識しておきましょう。

 


<例外のパターン>

 往復の航空会社を揃えないと、
高額になるとお伝えしました。


しかし、例外もあります。

行き 成田→サンフランシスコ 
           全日空(ANA)
帰り サンフランシスコ→成田
          ユナイテッド航空(UA)
 
この場合、行きと帰りで
航空会社が異なります。
これは高額になる!と思いますが
例外です。(笑)
 
全日空とユナイテッド航空は
航空会社のグループ(アライアンス)が
同じです。そのため、
往復割引等が適用されます。
 
この例外パターンは他にも
・行き JAL
    帰り アメリカン航空
・行き ルフトハンザドイツ航空
    帰り 全日空
 

これを応用すると
こんなパターンもあります。

空港と旅客機


<応用編>

 行き 広島→羽田  JAL
   羽田→ダラス アメリカン航空
帰り ダラス→羽田 アメリカン航空
   羽田→広島  JAL
 
このパターンだと
運賃の組み合わせにもよりますが、
往復割引の適用 + 広島-羽田間のJALも
無料もしく追加1万円で
使用することができます。

 

新幹線と電車で広島から羽田まで
往復したら2~3万円は必要ですよね?
大変オトクになると思います!

 


<まとめ>

 航空券予約するときは
・往復の航空会社を同じにする
・往復同じにできない場合は、
 同じグループ(アライアンス)の
 航空会社で予約をする。
 
 
ここに気を付けると、
航空券の料金はかなり変わります。