海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【航空券は往復セット?】帰りも必ず使用すること!

こんばんは!

トラベルコンサルタントです。

 

今回は「航空券は往復セット」について語ります。

 

これはよく問い合わせのあることですが、

ピンと来ない人も多くいるのではないでしょうか?

例で、ご説明致します

 

<例>

山田さんは仕事のお客さんとの商談のため、

中国に行くことになりました。

上司には「経費を抑えるためにネットで、

できるだけ安いチケットを買って」と言われました。

そこで以下の航空券をWebサイトで購入しました。

4/01 成田空港 発→上海空港 着

4/03 上海空港 発→成田空港 着

 

しかし、予定どおり話が進まず、

商談が長引いてしまいました。

そのため、山田さんは帰国を

2日後ろ倒しすることにしました。

 

 

この場合、航空券はどうなると思いますか?

「今持ってる航空券は使えないから、

 4/5の帰り分を新しく購入しなければ!」

と考えますよね、、、

 

でも、実は航空券の日付は変更できます。

観光等でしか海外に行くことがないは意外とご存じないかもしれません。

5日に空席がなければできませんが、

変更料金や運賃の差額を支払うことで日程をずらすことは可能です。

(前倒しも可)。

 

ただし、それは「変更可能な航空券を購入している場合」です。

山田さんの例を見ると今回はネットで安い航空券を購入しています。

安い航空券は変更できないことが多く、

今回も変更できない航空券でした。

 

ではやはり「今持ってる航空券は使えないから、4/5の帰り分を新しく購入」と

考えますよね?

しかし、本当はそれも禁止なんです!!!

「え?帰りの分を権利放棄して、新しく航空券を購入するからいいじゃん」って

思う人が多いと思いますが、ルール違反です。(笑)

最近はあまりありませんが、

後日権利放棄したことが航空会社にバレると違反金の徴収が

発生することがあります。

 

理由は

・航空券は片道チケットのほうが往復より安いことが多い。

・航空会社は往復利用することが条件で安い航空券を販売している

からです。

 

したがって、持っていた航空券の帰り分を使わなかった場合は

片道チケットの料金との差額を追徴される場合があります。

これは10万円以上することもざらにあります。

航空会社によって様々ですが、

経験上結構高いです。(笑)

 

なので、お仕事等で海外に行かれる方は

「帰りの日付変更可能」なチケットを購入することを

おすすめ致します。

出張先で片道の航空券を新しく購入するのも、

往復よりは確実に高額ですよ~

 

長引いてしまったときは諦めて帰るのも手ですよね(笑)