海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【航空券料金】損をしないためのルール

スポンサーリンク

こんばんは!
トラベルコンサルタントです。

 

今回は知らないと、
航空券が高額になる
ルールをお伝えします。

 

それは
航空券は往復セットで使う
というルールです。

これはよく
問い合わせがあります。

 

 
<航空券は往復使用する>

ほとんどの航空券が、
行きと帰りの往復を使用する
というルールがあります。

 

つまり、行きだけ使って、
帰りの航空券捨てる事ができない
という事です。

では、このルールで
実際に困った事例を
ご紹介致します。

  


<具体例>

山田さんは出張で、
中国に行きました。

 

航空券はJALの
Webサイトで購入しました。

4/01 成田空港 発→上海空港 着
4/03 上海空港 発→成田空港 着

 

しかし、予定どおり
仕事が進みませんでした。

そのため、山田さんは帰国日を
2日後ろ倒しすることにしました。

この場合、4/03の航空券を
変更しなければいけませんよね?
しかし、
航空券は変更できるのでしょうか?

実は航空券の日付は
変更できます。
意外と皆さんご存じないかも
しれません。

空席がなければできませんが、
変更料金等を支払うことで
日程をずらすことは可能です。
(前倒しも可)。

ただし、それは
変更可能な航空券の場合のみです。
山田さんの例を見ると
今回はWEBサイトで
航空券を購入しています。

安い航空券は変更不可が多く、
今回も変更できない航空券でした。

では
「今持ってる航空券は使えないから、
4/5の帰り分を新しく購入」
と考えますよね?

しかし、それも禁止なんです!!!

「帰りの分を捨てて、
新しく航空券を購入することは良い」
と思う人が多いと思いますが、
ルール違反です。(笑)

後日、帰りの分を捨てた事が
航空会社にバレると違反金の徴収が
発生することがあります。

シンガポールの硬貨と仮想通貨(ビットコイン)


<帰りを捨てられない理由>

 

理由は
・航空券は往復チケットのほうが
片道より安いことが多い。
・往復利用することが条件で
安い航空券を販売している

したがって、航空券の帰り分を
使わなかった場合は
片道チケットの料金との
差額を追徴される場合があります。

これは数十万円することも
よくあります。

航空会社によって様々ですが、
経験上結構高いです。(笑)


なので、お仕事等で
海外に行かれる方は
「帰りの日付変更可能」の
チケットを購入することを
おすすめ致します。

 

仕事が長引いてしまったときは
諦めて帰国することも
費用を考えると
ありですよね(笑)