海外旅行研究所

海外旅行専門のトラベルコンサルタント。航空券やVISA、マイレージ等々お助け情報発信中です!

【飛行機乗り継ぎ解説】アメリカ編

ど~も~

海外旅行を専門にしてます、

トラベルコンサルタントです。

 

日本の近くに台風が来てますね~

直撃ではなかったので、

安心しました!

もうすぐ台風シーズンだと思うと、

飛行機が飛ぶかどうか、

心配してしまいます(笑)

 

 

さて今日も飛行機の乗り継ぎについて、

お伝えしていきます。

  

なかでも今回はアメリカでの、

乗り継ぎについてです。

 

アメリカでの乗り継ぎは以下の

大きく3つ、注意点があります。

  

  

では、この3つについて、

解説していきますね!

 

<アメリカへの入国審査>

 アメリカの入国審査は、

最初に降りた空港で行います。

 

例:成田空港→デトロイト(アメリカ)→ニューヨーク

  この場合、デトロイトでアメリカへの

  入国審査を行います。

 

この場合、デトロイト→ニューヨークは

アメリカ国内線ですので、

ニューヨークについてから

入国審査はありません。

 

 

<乗り継ぎだけでもESTA・VISAが必要>

アメリカでは乗り継ぎのみで、

メキシコや南米に行く場合も

アメリカに一旦入国をする必要があります。

 

例:成田空港→デトロイト→サンパウロ(ブラジル)

   デトロイトにてアメリカに入国。

  その後デトロイトでアメリカ出国。

 

そのため、アメリカは乗り継ぎだけでも、

ESTAもしくはアメリカVISAが必要です。

 

↓↓ESTAについてはこちらの記事を!!

 www.trips-businessblog.com

 

 

<荷物の預け直しが必要>

 入国審査を終えると、

次は荷物です。

 

アメリカでの乗り継ぎは、

日本出発時に預けたスーツケースなどを、

一度ピックアップし、

X線検査を経て再度預け直さなければなりません。

ここでも荷物が出てくるまでに

多少待たされる場合があります。

 

※一部航空会社のみ、預け直し不要です。

 

例:成田空港→デトロイト→ニューヨーク

  この場合、デトロイトで預け荷物を一旦引き取り、

  再度荷物を預け直します。

 

 

いかがでしょうか?

アメリカでの乗り継ぎは、

以上の3つに注意してください。

英単語クッキー

アメリカでの乗り継ぎ時間については2時間、

慣れていない方は3時間を

確保して方が安心です。

 

ではでは~!!

【飛行機の乗り継ぎ解説】ヨーロッパ編

ど~も~
海外旅行専門、
トラベルコンサルタントです!

 

先週は更新が少なく、
すみませんでした!

 

今週はよりしっかりと、
海外旅行のノウハウについて
お伝えしていきます!!


さて、今回は前回に引き続き、
飛行機の乗り継ぎに関する情報です。

 

その中でも特に、
ヨーロッパでの乗り継ぎについてです。
ヨーロッパでの乗り継ぎではまず、
「シェンゲン協定」という決まりを
理解する必要があります。

 

 


<シェンゲン協定とは>

ヨーロッパにはシェンゲン協定という
決まりがあります。

このシェンゲン協定に加盟している国は
国境検査なしで国境を越えることができます。
そのため、日本からシェンゲン圏に入る場合、
一番最初に到着する国で入国審査を受けます。

 

帰国のときも同じで、
シェンゲン圏の最後の国で出国手続きをします。

 

※ヨーロッパの国すべてが
 シェンゲン協定に加盟しているわけではありません。
 そのため、ヨーロッパ内の空港で乗り継ぎ、
 さらに他のヨーロッパの国へ行く場合、
 注意が必要です。

 

 


<主なシェンゲン協定加盟国>

 アイスランド,イタリア,

エストニア,オーストリア,

オランダ,ギリシャ,
スイス,スウェーデン,

スペイン,スロバキア,

スロベニア,チェコ,
デンマーク,ドイツ,

ノルウェー,ハンガリー,

フィンランド,フランス,
ベルギー,ポーランド,

ポルトガル,マルタ,

ラトビア,リトアニア,

ルクセンブルク

 

 


<乗り継ぎの例>

 ① フィンランド経由でドイツへ行く場合

 ・成田空港→ヘルシンキ空港(フィンランド)→
  ミュヘン(ドイツ) 全区間フィンランド航空(AY)

 

 この場合、フィンランドとドイツは
 シェンゲン協定加盟国です。
 そのため、入国審査はフィンランドで行います。

 ヘルシンキ→ミュヘン間のフライトは
 国内線のような扱いになるため、
 ミュヘンについてから入国審査はありません。

 ※預け荷物はドイツまで

 


② フィンランド経由でドイツから
 日本に帰る場合

  ・ミュヘン空港→ヘルシンキ空港→成田空港
  全区間フィンランド航空(AY)

 

  この場合、フィンランドとドイツは
  シェンゲン協定加盟国です。
  この場合はミュヘン→ヘルシンキ間が
  国内線の扱いになるため、
  ヘルシンキで出国審査を受けます。

 


③ フィンランド経由でイギリスへ行く場合

 ・成田空港→ヘルシンキ空港→ロンドン空港
  全区間フィンランド航空(AY)

 

  これは注意が必要です。
  この場合、フィンランドはシェンゲン協定国ですが、
  イギリスはシェンゲン協定国ではありません。
  そのため、フィンランドでの入国審査はなく、
  イギリスで入国審査を行います。

 

f:id:ikamamo:20180613003531j:image

 
このように、ヨーロッパでの乗り継ぎは
シェンゲン協定に加盟国と非加盟国がありますので、
入国審査を行う場所がパターンごとに
異なります。


ヨーロッパでの乗り継ぎがある場合は、
是非、上記を確認してから、
ご渡航くださいね!!

ではでは~